忍者ブログ

小ネタ日記

TOS・TOA・彩雲国物語等の名前変換小説の小ネタを載せております。 感想・意見・質問ございましたら各記事のコメント、もしくはサイトにてどうぞ。

017:同じ日 NARUTO

デフォルト名:水無月マツリ




 ナルトはここ最近、楽しいことを知った。

 ナルトは親を知らずに育った。里の者には変なものを見るかのような視線を向けられ、差別される。

 他人とは恐怖の対象であったナルトを変えたのは二つ年上の少女だった。

 アカデミーで悪戯をしては無視をされ、けがをしても誰にも手当てされない。そんなことが当たり前だったある日、ナルトが思い切り転んだ先に居たのがマツリだった。

 顰めっ面でナルトを見てくるマツリにこいつも罵声を浴びせてくるんだろうとナルトは顔を同じくしかめた。
 けれどマツリはナルトの傍へとつかつか歩み寄るとその腕を掴みそのまま引きずっていった。
 知らない部屋へと引きずり込まれナルトはマツリの腕を振り払った。

「何するんだってばよ!!」
「何ってこっちのセリフよ!! 転んで膝擦りむいたら手当しないで何するの!!」

 怒鳴りかえされたナルトは呆然とマツリを見返した。しかしマツリはナルトの用紙は気にせずに椅子に座らせると棚から色々取り出して治療を始める。

「膝擦りむいただけなんて舐めてかかっちゃダメよ。破傷風って怖いのにかかるんだから。怪我したら小さな傷でも医療室に来る。分かった?」
「……でもよぅ」
「デモもストもないの。分かった?」

 ナルトは渋々頷く。金髪が俯くのを見るとマツリはにっと笑いナルトの髪をクシャクシャに撫でた。
 撫でられた頭を照れくさそうに触るとナルトは「ありがとうだってばよ!」と叫ぶと医療室を後にした。

 それ以来、怪我をした時は医療室に向かうようになったが、何回かの割合でマツリに出逢えることを知ったナルトはマツリが居る日だけ医療室に行くようになった。

「マツリねえちゃん、居る~?」
「まーた怪我したの?」
「ウシシシッ、これは男のクンショウって奴なんだってばよ」

 頬に絆創膏を貼り付け、得意げに笑うナルトの額を手加減なしに小突くと不意打ちだったからかナルトは完全に涙目になった。

 しょうがない奴め、と笑いながら時計を見るとマツリの勤務時間の終わりをさしていた。

「ナルト、今日この後あいてる?」
「この後~? 帰るだけだってばよ」

 誰も待つことのない部屋に。寂しさを漂わせる室内を思い浮かべ、ナルトの心は沈んだ。
 マツリに会うようになって外に出る楽しみは出来たが、楽しい分帰るのはとても寂しい。

「今日はね~、特別な日なんだよ」
「特別な日?」
「そう。だからね、ナルトをうちに招待しようと思って!!」

 ナルトはマツリの言葉の意味を理解すると期待に目を輝かせるが、里の大人がナルトを見る目を思い出し沈んだ。

『あの子と遊んじゃ駄目って言ったでしょ』

 ナルトと遊んだ子は親にそう言われて二度と遊んでくれなくなる。

「親もナルトの話したら是非連れてこいって、だから来てほしいんだけど……いや?」
「い、いやなんかじゃないってばよ!!」

 悲しげに眉を下げるマツリに慌てて首を振ると、マツリはにかっと笑うとナルトの腕を取ると駆け出す。突然の展開に目を白黒とさせるナルトにマツリは笑顔だけ浮かべる。

「じゃあおいで」

 やんわりと強引に連れて行かれたナルトを待っていたのは笑顔で迎え入れてくれたマツリの両親だった。


「ナルトとお友達になって一年目だからお祝い!!」

 冷たい目や化け物をみるように見られるのは嫌なことであり、慣れはしない。
 けれどどこか耐性のようなものはついていた。だが、心に灯りが灯る優しさは慣れるものではない。

 泣き出してしまったナルトと慌てるマツリの二人を見て水無月夫妻は、亡き後輩夫婦を思った。


***


うまくまとまらなかった……!

拍手[1回]

PR

NARUTO 011 :鍵

デフォルト名:水無月マツリ


011:鍵


 二つで一つ。これで二人の秘密ね。
 にこにことマツリ特有の笑みを浮かべて渡されたペンダントの片割れ。

 子供用の玩具でも、貰った大切な物には変わりなくて。
 任務に出る度にちらつかせて、無事に帰ることを遠まわしに伝える。その度にほっと息つく姿に帰還の気持ちを強く思う。


「カカシ先生、それって何ですか?」
「ん? ああ、これ?」

 ベストを脱ぎ表に出たペンダントに女の子らしくサクラが食いつく。
 指で摘み見やすくする。

 それがなにを形取って居るのかを理解したサクラの顔がにやりと歪む。ナルトとサスケも気になるのかチラチラと視線が飛でくるのを感じる。

「それって、恋人とお揃いですか?!」
「ざーんねん。恋人じゃないのよ」
「えっ……?! でも、それペアのですよね?」
「そーそー」

 ペア、という言葉に完全にナルトとサスケの興味が向けられている。
 だが、生徒の期待を裏切るようで悪いが大切なものだが、色恋沙汰ではない。断じて違う。
 なんと言うべきか迷う。同僚の間では有名な話であるためにいちいち説明するのもなんというか気恥ずかしいものがある。

 しかし年頃の女の子は目を爛々と輝かせている。

「んー……確かにサクラの言うとおりペアの物だ。相手もいるし、おまえ達の知ってる奴だよ」

 生徒の絶叫に思わず耳をふさぐ。

「誰誰誰誰だってばよ!!」
「私たちの知ってる人でしょ? ……紅先生?」
「違うから」

 あり得なさすぎる解答に思わず手を振って否定する。
 ふと絶叫していたナルトが、似合わない難しい顔をしてじっと見てくる。
 そういえば、この中でナルトが一番マツリとつきあいが長いらしいことを思い出す。

「それ、どっかで見たことある気がする」
「どこで?!」
「……マツリだ」

 ぽつりとサスケが正解を呟く。ナルトはなるほどと手を叩きサクラは何ともいえない顔で絶叫する。若い奴らは元気でうらやましい。

「そ、せーいかい。これはマツリが下忍の初給料でくれたの。かーわいいでしょ?」
「……下忍の初給料ってことはそんなに高いものじゃないな」
「しかもカカシ先生からじゃなくて、マツリさんからなのね」
「……なんか文句あるの?」

 当時6歳の可愛い妹が満面の笑みでくれたプレゼントを大切にして何が悪い。
と思わずぼやくと、三人は一様に異様な顔をする。

「マツリさん、6歳で下忍になったんですか?」
「ん? 知らなかった?」
「知らねえ。……なら中忍になったのはいつだ」
「あ、俺ってば知ってるってばよ! 一年下忍やってから中忍にほかの班の兄ちゃんと組まされたって言ってたってばよ!」
「ってことは7歳!? うそっ?!」
「ちなみにマツリはまだ中忍だからね」

 上忍になるつもりはないらしい。
 カカシを見て鍛えられて育ったマツリは上忍の昇級も可能なほどの腕だが、本人にもその気もないがカカシもその気はない。
 今は比較的平和な時代とはいえ、上忍の任務はランクが上のものばかりだ。

「そういえばマツリ姉ちゃん言ってたってばよ。ふひつよーなものはいらないって」
「ま! そーいうこと。ほら、さっさと始めるぞ」

 玩具だろうが、何だろうが大切な気持ちが籠もっている贈り物は大切に。



***

描写する100のお題(追憶の苑)

拍手[1回]

NARUTO 風になれ1

デフォルト名:水無月マツリ



 火の国に存在する忍の隠れ里。木ノ葉隠れの里。火影と呼ばれる里長をトップに、忍や一般人が暮らす隠れ里にしては少し大きな里。

 水無月マツリは木ノ葉の忍の中でも下から二番目の階級、中忍と呼ばれるものだった。
 14歳にして、中忍歴は長いが本人は現状に不満などなくただ毎日訪れる新しい一日一日を楽しんで過ごしていた。

 水無月家はありふれた一家で、まかり間違っても一族秘伝の技とかそんな大それたものはない普通の忍の家系の一人娘である。あえて言うのならば、父方も母方も医療忍を多く排出してきた神経質……ではなく、チャクラコントロールに長けた一族であった。

 幼い頃から目指した忍の姿も医療忍であり、14歳ながらも大人顔負けな技術で医療忍として活躍している。そんなマツリの副業は、アカデミーの非常勤保険医である。

 アカデミーとは、忍の養成学校である。当然怪我が絶えず、勤務医は木ノ葉病院からローテーションで回っている。マツリは木ノ葉病院勤務医ではないものの、カウンセラー的役割を兼ねて週二回保健室に居た。


 ノックの音に本から顔を上げずにどうぞ、と答えページを捲る。
 まもなく扉が開けられ、誰かが入室してくる。入ってきた人物も見ずにマツリは、本を片手に立ち上がり棚の前に立つ。入ってきた者は、足音を消そうとしているものの気配はだだ漏れである。

「今日は何したの、ナルト」
「うっひゃあ! ね、姉ちゃん何で俺だって分かったんだってばよ」
「そんな気配もだだ漏れな子はナルトしか知らないからねー」

 クスクスと笑いながらようやく本を閉じる。栞を挟むとくるりと振り返る。
 金色の髪に水色の瞳。頬には髭のような模様がうっすらついた少年が額からだらだらと血を流していた。

 マツリが言う前に既に保健室利用名簿に名前を書いている。独特な流暢な字体(ようするに見づらい)で『うずまきナルト』と記入している。
 書き終わると素直にいすに腰掛けたナルトの前に立ち、脱脂綿で額の血を拭う。

「今日も派手にやらかしたね。何したの?」
「聞いてくれってばよ!」

 にかっと笑う様はいたずら小僧である。まさしくいたずら小僧なのだが。
 しかし、うずまきナルトがいたずらをする理由をきちんと知る者はあまり多くない。

 里の大人はまるで化け物を見るかのような目でナルトを見て、子供たちもそれに倣っている。

 十数年前、木ノ葉隠れの里を妖狐――九尾が襲った。里は壊滅的なダメージを受けたが、英雄――時の四代目火影が九尾を命懸けで封印した。
 封印されたのは、生まれたばかりの幼子のへその緒。三代目火影は、そのこと伝えることを禁じ、九尾が封じられた子供は普通の子供として育てられた。
 九尾の器になった子供、うずまきナルトに九尾が封じられていることは禁句。しかし、九尾の襲撃で多くの命が失われた。
 身近な者を亡くした者たちは、ナルト=九尾とみなし、蔑み、弾いた。

 親もなく誰にも見てもらえない寂しさからいたずらばかりしているナルトのことをマツリはよく知らない。里の事情も知らない。

 しかし、どんな人間であろうと目の前のけが人を助けることがマツリの忍道である。

「はい、終わりだよ。ナルトは治りが早い子だけど明日までとっちゃダメだからね?」
「分かったってばよ。なあなあ、マツリ姉ちゃん! 明後日は居る日?」
「明後日? ううん、その日は泊まりがけの任務だから里に居ないよ」

 医療忍だが、医療班には所属するも中忍であり、四人組(フォーマンセル)でも任務についていく。14歳だがマツリは中忍なのだ。
 マツリの返答にナルトはがっくりと肩を落とし、いじけたように唇を尖らせた。

「明後日何かあるの?」
「卒業試験!!」

 にっ、と音がしそうな笑みを浮かべたナルトはゴーグルを指さした。そこに額当てをつけるのだと言わんばかりに。マツリはくつくつと笑うと、怪我の手当をした額を指先で思い切りついてナルトをいすから突き落とした。
 盛大な音を立てて落ちたナルトは起きあがるとマツリを睨むがマツリは既に片づけを始めていた。

「合格したらお祝いにご飯食べにおいで」
「え……?」

 戸惑いの空気を感じ振り返ると、親指を立ててにかっと笑う。

「私が帰ってきたら結果教えにきて、そのままうちにおいで」

 ナルトは泣きそうな笑みで頷いた。




 数日後。任務を終えて帰還したマツリにナルトは木ノ葉の額当てをつけて合格を報告にやってきた。

 合格に至るには紆余曲折があったようだったが、無事ナルトが卒業できたことを祝い、水無月家ではご馳走が振る舞われた。



 その翌日。
 アカデミーを卒業した生徒達への説明会がある日。マツリはアカデミーの保健室でまたも本を読んでいた。上級生が卒業しても、まだ下級生はいる。
 しかし、血の気が多い生徒がいないからか保健室は開店休業中であった。

 静かな空間の中で本のページを捲る音だけが響く。
 不意にマツリは手を止め顔を上げると、誰もいない廊下を振り返り首を傾げた。

「お兄ちゃん?」

 姿も音もないが、マツリが彼の気配を間違えることは決してない。案の定、扉が静かに開くとマツリの兄――といっても血の繋がりも、戸籍上も全く関係のない赤の他人だが――が相変わらずのゆるい表情で立っていた。

 木ノ葉の中忍以上に支給されるベストに、顔の半分を覆う口布で顔立ちは分からず、左目を覆うようにかけられた額当て。月の光のような銀の髪。忍の出で立ちをしていなければ変質者と呼ばれてしまいそうな外見をしたはたけカカシは、相変わらずの眠そうな顔で保健室へと足を踏み入れた。

「お帰り、お兄ちゃん」
「うんただいま、マツリ。居てよかったよ」
「うん?」

 奇妙な外見だが、里一番の技師やら、写輪眼のカカシだのと他国にまで名を轟かせる実はすごい忍者であったりするカカシは、マツリにとってはただ手の掛かる兄である。諄いようだが、血の繋がりは欠片もない。

「実はねー、また上忍師になったんだ」
「んー、なら明日はお弁当3つ?」
「うん」
「分かった」
「お願いします」
「お願いされます」

 にこにこと笑うマツリにカカシも表出している右目を細めて笑い、マツリの頭を優しく撫でた。
 カカシが昔住んでいた家と、水無月家は隣同士しであり。カカシの亡くなった父とマツリの父親が幼なじみであったため、カカシも幼い頃から水無月家には世話になっていた。
 カカシが8歳の頃に父が亡くなったものの、マツリの両親はカカシの手助けをしており、息子のように思っていたのだろう。
 マツリが生まれた際に『カカシ君の妹だよ』といい、マツリには『お兄ちゃんだよ~』と言い聞かせて育てたのだ。

 血の繋がりはないが、マツリはカカシを兄であると人に臆面なく紹介するし、カカシもマツリを妹だと人に言う。水無月夫婦も息子であると言って憚らない。
 今は独身者用のアパートに暮らすカカシが突然水無月家に行っても、当たり前のようにカカシの部屋があり、着替えまである。カカシにとっての実家とは水無月の家であると言えた。

「お兄ちゃん今日は?」
「明日まで何もなーいよ。マツリは?」
「もう上がりだよ。帰りにお買い物してくぐらいかな」
「じゃあ一緒に帰ろうか」
「うん」

 当たり前の様に交わす会話。
 感情の起伏があまり激しくないカカシが柔らかな空気になるマツリのことを、カカシをよく知る上忍師達はこう呼んだ。

「カカシの妹」「カカシの泣き所」と。



 帰り道、商店街を二人並んで歩きながら夕飯と明日の弁当の材料を買う。荷物は全てカカシ持ちである。

「よう、マツリ。元気か?」
「あ、シカク先生」

 歩きがけに声をかけられた眞里が顔を向けると、自身の師である奈良シカクが笑みを浮かべて立っていた。その両手は大荷物で埋まっている。おそらく妻に言われて買い物なのだろう。

「カカシも帰ってたのか」
「はい、お久しぶりです。シカクさん」
「おう、相変わらず仲良いな」
「そうですか? よく分からないですけど」

 見上げた兄は、口布で表情は分からないが穏やかな顔をしていることは窺える。
 ふと、思い出したマツリはシカクを見上げ小さく頭を下げる。

「シカク先生、シカマル君の卒業おめでとうございます」
「ああ、ありがとうな。ま、下忍になれるかは分からんけどな」
「……ああ、シカクさんの息子さんも卒業でしたね」
「お前さんが上忍師でなくてよかったよ」
「ははは」

 カカシは忍としてはとても優秀であるが、指導者には向かない。昔から言われてきた言葉である。
 上忍は上忍師となって、下忍を指導し育てる。カカシの年になれば新人の三人組(スリーマンセル)一組は指導経験がある筈であるが、カカシはゼロである。
 アカデミー卒業生は全員が下忍になれるわけではない。卒業生の中から下忍になれるのは9人、三組だけである。
 卒業生をバランスよく三人組に分けた中で三組のみが下忍になれ、残りはアカデミーに戻される。認定試験は故に最初の難関と呼ばれるが、カカシは合格者を一人も出したことがないことで有名である。

「そういえば、誰を受け持つの?」
「ん? ああ、マツリなら知ってるかもネ。うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラだよ」

 マツリもよく知っている三人である。思わず目を瞬くが、シカクもまた驚いたようで目を見開いていた。

「……そりゃあ、また。……大層なメンバーだな。……三代目も思い切ったことをするな」

 最後の方は聞き取れなかったが、マツリはシカクの言葉に違和感を覚えたのか首を傾げる。

「メンバーを決めるのは担当の先生じゃないんですか?」
「先生と火影様が相談するのヨ」
「お前の時もそうだったろうが」

 シカクの言葉に、そういえばそうかも。と思い出したマツリは納得して頷いた。

「ナルトはお兄ちゃんでも大変だと思うよ」
「なになに、そんな問題児?」
「うん。右向け右! って言ったら走り出す子かな」

 左を向くでもなく、後ろを向くでもなく走り出す。そんなハチャメチャさがナルトである。ナルトがしてきた数々の悪戯を思いだしマツリは笑みが浮かぶ。しかしシカクは驚いたようにマツリを見るが、次の言葉を聞き優しげに目を細める。

「でもいい子だよ」
「……マツリ」
「なに先生?」
「お前もいい子だよ」
「おかしな先生」

 クスクスと笑いながら、シカクに頭を撫でられ大人しくする。おとなしいマツリを見ながらシカクは満足してから手を放し、空を見上げて慌てて帰って行った。

「ま、ナルト達がどうなるかは明日にならないと分かんないけーどね」
「うん、楽しみにしてる」

 翌日。ナルト、サスケ、サクラは無事認定試験に合格した。以降第七班、カカシ班として活動していく。


***


導入編。詰め込みすぎました

シリーズ名はすぐ決まりました。
第一部は「風になれ」

14歳にして中忍歴が長いのは、上忍になる気がないのと、カカシに止められているからです。

拍手[5回]

008:闇 NARUTO

 父は忍としての誇りを無くして亡くなり、自身も忍としての在り方を迷っていた。
 親友の言葉にふと立ち止まってみたが、やはり迷いは残る。
 師は次期火影として忙しく、なにをすればいいのか分からないまま任務に明け暮れていた。

「カカシ君」

 長期任務明けの木の葉の里はどこか冷たい。行く宛もなく商店街を歩いている時だった。珍しく師と夕飯の約束をしていたが、急な任務が入ったらしく時間が空いてしまった。一年居ないと、どこかよそよそしく感じる里の日常。お腹は空いたが、食べに入る気も起きない。長期任務明けなので家は使える状態ではないだろう。

 そんな時にかけられた声に、ふと足を止めた。

「カカシ君、今からお夕飯?」
「……水無月のおばさん」

 呼び止められたのは隣人だった。暫く会っていない人だった。
 早くに父を亡くしたカカシに手を掛けて育ててくれた夫婦。父の最後の友人。
 水無月夫婦の妻。
 忍の在り方に疑問を覚え、全てを閉ざしていたカカシを見捨てないでいてくれていた人たち。カカシは、水無月夫婦には弱かった。

「長期だったのね。人気がしないから勝手にお掃除してたけど、よかった?」
「……ありがとうございます。助かります」

 礼を言うと、彼女は嬉しそうに笑った。一時期の荒れていたカカシを知っているだけに彼女は今のカカシの言動を喜んでいた。
 よしよし、と久しぶりに頭を撫でられると彼女が腕に抱いているものにようやく気づいた。

「おばさん」
「ふふ、カカシ君ずっといなかったものね。私たちの娘よ。ちょっと前に生まれたの」
「娘?」
「そう、カカシ君の妹よ」

 思わずギョッとした。当然だが、カカシの母は彼女ではないし、父親もはたけサクモという忍だ。
 それでも彼女は朗らかな笑みを浮かべてカカシの否定を否定する。

「カカシ君は私たちの息子同然なんだから、カカシ君にとってこの子は妹だよ。一緒に遊んでくれると嬉しいな」
「……でもオレ」
「ね、抱いてみて」

 自然な動作で腕に渡され、危なげな動作で抱き上げる。小さくて、暖かな命に胸がじんとした。

「……なんていうの?」
「マツリ、水無月マツリよ」
「マツリ、……マツリ」

 自然とわき上がる笑みに、腕の中の赤子も眠り顔に笑顔を浮かべる。ぎゅうと抱きしめると、頭を軽くたたかれる。

「じゃあ、今日はカカシ君の帰還祝いね~。荷物持ちも確保したことだし、お買い物行こうか」
「え、荷物持ちってどういうことですか」
「マツリちゃんと抱いててね~。今日はカカシ君の好きなものたくさん作るから」
「ちょっ、オレが抱いてていいんですか?!」



 水無月夫婦の予想を斜めに大きくはずれて、カカシとマツリは兄妹としてすくすく成長した。

 マツリはカカシをお兄ちゃんと呼び、本当に兄だと信じて育っていた。

 子供との遊び方の分からないカカシによって八割忍の修行混じりの遊びを本気で遊びだと信じたマツリは、忍びとしての技術を着々と仕込まれていった。
 カカシが遊び方の間違いに気づいた頃には既にマツリは同世代とは比べものにならない実力の持ち主になっていた。

 そんなマツリを妬んだ同級生に「はたけカカシとは本当の兄妹じゃない癖に」と言われて、はじめて兄であるカカシとは名字が違うことに気づいたのだった。

「お兄ちゃんは、わたしの本当のお兄ちゃんじゃないの?」
「……うん。オレは、マツリの血のつながった本当のお兄ちゃんじゃないの」
「うーん……。……じゃあお兄ちゃんは血のつなからない本当のお兄ちゃんなんだ」
「え?」
「やっぱりお兄ちゃんはわたしのお兄ちゃんだよ。だから、今日のお夕飯は、茄子の味噌焼きだよ~」
「……はは、参ったな。さすが水無月家の子だ」


 悩んでいても、苦しんでも。妹の笑顔を見ると、立ち止まっては居られないと気付かされる。忍として悩んでいた自分に、道を教えてくれた大切な妹。

「マツリが欲しかったらまずはオレを倒してからにしてねってところかな?」
「なに言ってるのお兄ちゃん」



**


無理矢理詰め込んでみました。
この子ではカカシフラグは立ちません。シカマルでお話を書きたいようの子なんですけど、どうしてもカカシと絡ませたくて……!!
気づけばシスコンに……。
カカシによってやたら強い子ですが、本人は医療忍になるのが夢です。
この子なら原作沿いが書ける!(また増やすのか)

描写する100のお題(追憶の苑)

拍手[4回]

ブログ内検索

注意書き

【TOS・TOA・彩雲国物語・遙か・十二国記など】の名前変換小説の小ネタを載せております。
各小話のツッコミ大歓迎です!
気軽にコメントしてください。

カテゴリー

最新記事

設定

各タイトルの説明

【schiettamente】又は【軍人主】
 └TOAマルクト軍人主人公
 デフォルト名:ラシュディ・フォルツォーネ

【教団主】
 └TOAローレライ教団主人公
 デフォルト名:アディシェス・アスタロト

【アゲハ蝶】
 └TOA雪国幼馴染主人公
 デフォルト名:エミリア・ティルノーム

【ensemble】又は【旅主】
 └TOS旅仲間主人公
 デフォルト名:アトラス・ファンターシュ

【一万企画】又は【企画主】
 └TOSロイド姉主人公
 デフォルト名:セフィア・アービング

【傍系主】
 └TOA傍系王室主人公
 デフォルト名:ルニア・ディ・ジュライル

【十二国記】
 └雁州国王師右将軍
 デフォルト名:栴香寧

【遙かなる時空の中で3】
 └望美と幼馴染。not神子
 デフォルト名:天河華織

【明烏】
 └遙かなる時空の中で3・景時夢
 デフォルト名:篠崎曙

【彩雲国物語】
 └トリップ主
 デフォルト名:黄(瑠川)有紀

【コーセルテルの竜術士】
 └術資格を持つ元・旅人
 デフォルト名:セフィリア・エルバート
 愛称:セフィ

【まるマ・グウェン】
 └魔族
 デフォルト名:セレスティア・テリアーヌス
 愛称:セレス

【まるマ・ギュンター】
 └ハーフ、ヨザックの幼馴染
 デフォルト名:シャルロッテ・ティンダーリア
 愛称:シャール

【逆転裁判】
 └成歩堂・御剣・矢張の幼馴染で刑事
 デフォルト名:筒深稔莉(つつみ みのり)

アーカイブ

リンク

管理画面
新規投稿

お題配布サイト様


Natural Beautiful
└「何気なく100のお題」
A La Carte
└「ふしぎな言葉でいくつかのお題」
追憶の苑
└「詩的20のお題」
└「始まりの35のお題」
リライト
└「気になる言葉で七の小噺」
└「君と過ごす一年で十二題」
Ewig wiederkehren
└「恋に関する5のお題」
Dream of Butterfly
└「失われる10のお題」