忍者ブログ

小ネタ日記

TOS・TOA・彩雲国物語等の名前変換小説の小ネタを載せております。 感想・意見・質問ございましたら各記事のコメント、もしくはサイトにてどうぞ。

SSを目指してみる(096 ~100)

何気なく100のお題

096 強がり(傍系主・ガイ)

呆れのため息一つと共にガイは手を伸ばした。
けれど嫌そうにルニアはその震えている手を避けた。
案の定ガイは眉を吊り上げた。

「強がってる場合か」
「大丈夫よ。ガイにそこまで手を貸してもらわなくても。そもそもあなた、手を伸ばしてくれてもそれより先が無理だもの。だったら強がるよりも、ジェイドとティアを呼んで来てくれた方がいいわ」

正論。けれどガイにとってはこれ以上ない程突き付けられたくない現実だった。


**

097 けじめ(アゲハ蝶・ピオニー)

わかりきっていた反応ではあるが、実際に取られると腹が立つことこの上ない。

「エミリア」
「ピオ、わかるでしょう?」
「『所詮は平民と皇族。身分が違い過ぎる』か耳にタコだな」
「わかってるなら、」

尚も言いすがるエミリアの腕を荒々しく引き寄せるとピオニーは背中に腕を回し、耳元で苛々を隠さずに呟いた。

「……お望みなら、変えてやるさ」


**

098 手と手合わせて(彩雲国・黄鳳珠)

「……有紀」

どうしてここにいる。そう込めた言葉に見つかった有紀は決まり悪そうに笑った。

「少し、桜に気を取られて歩いていたらこんなところまで」

どう歩いたら誰にも見咎められずに後宮から外朝の戸部まで来られるのだろうか。
疑問に思いつつも鳳珠は尚書室の窓から飛び降りた。

「鳳珠様、身軽ですね」

感心したように拍手している有紀に苦笑をこぼしながら右手を差し出した。

「送っていこう」

手を合わせると梅がほっこりと咲き誇るように笑顔を浮かべた。

「はい」


数刻後、運悪く(?)二人が手を繋いで歩いている姿をただ一人だけ目撃した劉輝は黙っているべきなのか、尋ねてもいいのか数日ほど悶々と悩んでいた。


**

099 報い(軍人主・ヴァン)

血が流れ出るのを抑えながらラシュディは眼光鋭く相手を睨みつけた。

「これしきでは、私はあなたには屈しません!」
「貴女は本当に兄君によく似ていらっしゃる」

目を細め、何かを思い出すような表情を浮かべる。

「……いつか必ずあなたの行いは全てあなたに返ります」
「フッ。セリフまで同じとはね。本当に貴女方一族は興味深い」


**

100 再会(傍系主・ガイ)

「それにしても、今まで何やってたんだ?」

髪を再び伸ばし始めたらしいが、記憶よりも短い紅い髪を見てガイは目を細めた。
振り返ったルニアの双眸は、なにがあったのか片方の色は薄くなっていた。

「……ひみつ」


**

コンプリート!!結構無茶苦茶になりましたがとりあえず終了!

拍手[0回]

PR

SSを目指してみる(091 ~095)

何気なく100のお題

091 暴挙(彩雲国・楸瑛)

「楸瑛! 貴様有紀に何したんだ?!」
「なにって……特に…?」
「黎深様と黄尚書が手につけられない程怒り狂っていたぞ?」

言われてみればかなり怒っていたような。
だが楸瑛の知る有紀という人物は告げ口をするような女性ではない。
そんな楸瑛の思考を読んだのか絳攸は馬鹿にしたように笑う。

「邵可様に相談すれば自然にあの二人に話が行くに決まっているだろう」

命はないと思え。

楸瑛は渇いた笑みしか浮かばなかった。


**

092 知る訳がない(軍人主・ガイ)

会う筈のない人物に会った彼は、そのままの恰好で硬直した。

「……ラシュディ?」
「どちら様でしょうか?」
「え、は?」

ラシュディだと思い声をかけた相手はしかし彼女ではなかった。

「ああ、姉から話は。あなたがガルディオス伯爵家の」
「ガイラルディアだ。その…君は…?」

あまりにもラシュディに似ている青年(少年?)はにっこりと笑った。

「ラシュディ・フォルツォーネの弟、ラツィエと申します。お目にかかれて光栄です」

……こんなに似ているとは聞いていない! と文句を不当にも言いたくなった。


**

093 焦燥感(アゲハ蝶・ジェイド)

久しぶりに会った幼なじみの顔色はお世辞にも良好と呼べる物ではなかった。

「ちゃんと寝てるの? 食べてる?」
「勿論」

そう言われ続け幾星霜。

「サフィールは?」
「私と同じようなものですよ」

戦争の空気高まる中、いつ借り出されるのか知れない幼なじみ。

「自分の体は大切にしてよ、ジェイド……」


**

094 爪痕(傍系主・ガイ?)

「? ガイ、怪我してるわよ?」
「え、あ、どこにだい?」
「ここ。……二の腕?」

そう言ってティアは自分の腕を指す。

「術を使う程じゃないけどきちんと消毒しなきゃだめよ? ルニアにしてもらったら?」
「おやおや、ティア。あまり深く追求してはいけませんよ~?」
「……っ」
「誤解だ!」


**

095 記念日(十二国記・六太)

「おめでとう!」
「……なにが、とお聞きしても?」

神獣にこんな不遜な態度を取る国は十二国の中でも雁だくだろう。

「香寧が俺達の仲間になって十年になったからな」
「朱衡達もいいって言ったから俺達珍しく仕事してたんだぞ?」

胸を貼る延麒の頭を思わずぐしゃりとかき交ぜた。

「…ありがとう」


**

拍手[0回]

SSを目指してみる(086 ~090)

何気なく100のお題

086 冷えた空気(アゲハ蝶・ジェイド)

「酷いわ、ジェイド」
「………」
「ひどい……わたしはおいていかれるんだ」

返事を返さないジェイドの息が白く染まった。
その瞳は伏せられていて、色が見えない。

「…エミリア」
「なによ」
「……僕は」

そう言ってジェイドは背を向けた。呟かれたその先の言葉は、宙に零れて溶けてきえた。


**

087 幻(彩雲国・龍蓮)

カウントダウンと、ロケット発射。
小さい頃ビデオで見たアニメ映画の曲を横笛で吹いてみた。

吹き終えると、ぴょこりと視界の端で羽が揺れた。

「賑やかな話だな」
「うん。あるお話の主題なの」

目の前に浮かぶように見ることのできる、青いユニフォームと秘密基地。
極めつけは精密なロケット。

見れなくなると途端に鮮明に脳裏に読み返るのは何故。


**

088 跡形もなく(傍系主・アッシュ)

「……なにもないのか」
「土地だけならね」

アッシュは幼い頃を思い起こしてみた。
物心つく前から共に過ごした又従姉妹。彼女の屋敷は……。

あまり良い思い出はない。

「全部燃えちゃったからね」


**

089 死にもの狂い(教団主・シンク)

「ふざけんじゃないわよ! なんでこんな目に!」
「恨むんならヴァンにしてよね。僕は関係ないよ」
「あるに決まってるでしょ?! くっそ……さっさと構えてくださいよ、隊長っ!」
「僕に命令する前に術の一つや二つ」
「――タイダルウェイブ!!」


**

090 崩壊寸前(傍系主・アッシュ)

「オレはもうルークじゃねぇ! オレは」

吐き捨てるように呟かれた言葉にルニアは頭を抱えた。

『ルーク』という名前に彼は苦しんでいる。
同時に『アッシュ』という名前にも縛られているのではないか。

「あっおいルーニャ!」

止めるようなガイの声に耳を貸すことなくルニアはアッシュに近づいた。

「ルニア姉上……」

そのルニアの行動に驚いたアッシュが漏らした名前は幼い頃のアッシュのルニアの呼び方だった。

「アッシュが誰であろうと、幼い頃に一緒に遊んだ記憶は嘘じゃないよ」


**

アビス祭?

拍手[0回]

SSを目指してみる(081 ~085)

何気なく100のお題

081 無音空間(教団主・アリエッタ)

渇いた音が響いた。アディシェスが無表情にアリエッタの頬を叩いたのだ。
アニスは叩かれた訳ではないのに痛そうな顔をしていた。

「なん、なんでアディシェスは怒らないの?! イオン様、アニスのせいで、し、死んじゃったのに!!」
「…『イオン』はずっと前に、一人ぼっちで死んだのよ。でも『イオン様』はみんなに看取ってもらえたんでしょ」

その問い掛けはアニスやルークへと向けられていた。

「どう、どういうこと?アディシェス、どういうこと?!」
「あなたや私の知ってるイオンは病気が治癒することなく亡くなったのよアリエッタ。今まで『イオン』だとあなたが思っていた人は別の『イオン様』なの」
「……レプリカ、なの?」

アディシェスは空虚さを伴わせ、小さく顎を引いた。


**

082 すれ違い(アゲハ蝶・サフィール)

「エミリア…」
「エミリア、ちょっといい」

サフィールが声をかけようとすると必ず邪魔が入る。それは主にはジェイドで、次にはピオニーやネフリーだ。

今日も声をかける前にジェイドが先を越していった。


**

083 絵空事(軍人主・ジェイド)

それを言うと誰もが笑って取り合おうとしない。
だから正直に答えたラシュディは又も平然と笑われるのだろうと思っていた。

けれどいつまで経っても彼は最初と同じの姿勢のまま。

「……笑われないのですか」
「笑ってほしいのですか?」
「……いえ」

興味がないのだろうと思いはしても、否定されないことはとても嬉しいことなのだと心底思った。


**

084 暇つぶし(企画主・クラトス)

暇である。
ならば暇は潰さなければいけない。

「それはわかるが……セフィア、落ち着きなさい」
「クラトスはじっとしててくれるよね?」

両手に鋭く光る物を持ち、セフィアは笑いながらクラトスに迫っていた。
迫られている方は冷汗ダラダラである。

「前からその髪の毛欝陶しくないのかなって思ってたんだ」
「……慣れればなんということはない」
「大丈夫。散髪の腕はダイク父さんが保障してくれるから!」

クラトスがダイクとお揃いの髪形になったかは二人以外誰も知らない。


**

085 予想外(傍系主・ジェイド)


「こちらはわたくしの護衛のルニアですわ」
「はじめましてルニア・ジュライルです」

平然とお辞儀をすると一人ジェイドが目を細めた。

「ジュライル、といいますと王室傍流の?」
「よくご存知ですね、カーティス大佐」
「いえいえ。確か数年前に途絶えたと聞きましたが」

微笑みあうジェイドとルニアにガイとアニスの二人だけが怯えていた。


**

あと少し!意外に傍系主の方がゲーム沿いを書きやすいのかも?

拍手[0回]

SSを目指してみる(076 ~080)

何気なく100のお題

076 背中越し(傍系主・ガイ)

「うーん、大ピンチ?」
「何で疑問系なんだい…」

ルークを迎えに行く途中のアラミス涌水道。ルニアとガイは魔物に囲まれていた。
ガイは剣を手に、ルニアは難刀を手に互いに背を向ける。

「多く片付けた方の」
「だから何で君はすぐにそうやって……!」
「ガイはすぐ怒る!」


**

077 これに免じて(軍人主・ピオニー)

新しい上司の機嫌の良し悪しはまだ彼女にはわからないが、この人のならばわかる。
付き合いは長い方であるのだから。

だから、こんな方法では逃してもらえないことも知っているのだが……。

「殿下……」
「下手に出てもダメだ。今度という今度は許す気はゼロだ」

ブウサギの限定モノで見逃してください。


**

078 面影(旅主・リーガル)

「……天使様、そんなにリーガル凝視しちゃってどうしたのよ」
「……いや、特にさしたる意味はない」

だが気になるのだろう。見られているリーガルは居心地が悪そうだった。
今にも前方のロイド達の塊に突っ込んでいきそうだ。そうしないのはプライドだろうか。

「そーいやぁ、リーガルの髪の色ってアトラスに似てんなぁ?」
「……神子、何が言いたい」

じっとリーガルを見ていたアトラスは少し寂しそうに笑った。


**

079 爆弾(コーセルテル・マシェル)

セレスティアという人はマシェルに取って謎大き人である。と同時に何でも相談できて、便りになる姉のような人である。

「セレスさんって、カディオさんやミリュウ兄さんと前から知り合いだったんですか?」

それはマシェルが前から聞きたいことであった。

「うーん、どうだろう?」

しかしてセレスティアの反応は薄かった。本当にどうでもよさそうである。
その反応からマシェルはこれ以上尋ねていいのかわからなかった。
今新たに増えている竜術師達に過去を聞きにくいように昔からいるセレスティアにも聞かれたくない事があるはずなのである。

「そういえばセレスさん聞いてくださいよ」
「ん?」
「サータってば……」


**

080 取りとめのない言葉(彩雲国・双花菖蒲+劉輝)

「黎深様を一言で表すと、ですか?」

聞き返すも三人は一様に頷いた。答えるのは必須らしい。
鳳珠ならば一言「家族」や「官吏の鏡」とでも言えるのだが……。
何故に黎深? と思わないでもないが有紀は真面目に考えてみた。

「……あ、ありました」
「どんなのだ?」

三人は揃って「天上天下唯我独尊」と失礼だが真実を思い浮かべた。

けれど、彼女の答えは全く違っていた。
有紀は楽しそうに笑うと言った。

「『かわいい』ですねー」

言いようのない沈黙がおりた。


「…有紀殿…。その、本気で?」
「え、だって一生懸命で可愛い方ですよね?」
「だ、第二の邵可なのだ」
「主上。邵可様には誰もなれませんよ?」


**

あと少し!

拍手[2回]

ブログ内検索

注意書き

【TOS・TOA・彩雲国物語・遙か・十二国記など】の名前変換小説の小ネタを載せております。
各小話のツッコミ大歓迎です!
気軽にコメントしてください。

カテゴリー

最新記事

設定

各タイトルの説明

【schiettamente】又は【軍人主】
 └TOAマルクト軍人主人公
 デフォルト名:ラシュディ・フォルツォーネ

【教団主】
 └TOAローレライ教団主人公
 デフォルト名:アディシェス・アスタロト

【アゲハ蝶】
 └TOA雪国幼馴染主人公
 デフォルト名:エミリア・ティルノーム

【ensemble】又は【旅主】
 └TOS旅仲間主人公
 デフォルト名:アトラス・ファンターシュ

【一万企画】又は【企画主】
 └TOSロイド姉主人公
 デフォルト名:セフィア・アービング

【傍系主】
 └TOA傍系王室主人公
 デフォルト名:ルニア・ディ・ジュライル

【十二国記】
 └雁州国王師右将軍
 デフォルト名:栴香寧

【遙かなる時空の中で3】
 └望美と幼馴染。not神子
 デフォルト名:天河華織

【明烏】
 └遙かなる時空の中で3・景時夢
 デフォルト名:篠崎曙

【彩雲国物語】
 └トリップ主
 デフォルト名:黄(瑠川)有紀

【コーセルテルの竜術士】
 └術資格を持つ元・旅人
 デフォルト名:セフィリア・エルバート
 愛称:セフィ

【まるマ・グウェン】
 └魔族
 デフォルト名:セレスティア・テリアーヌス
 愛称:セレス

【まるマ・ギュンター】
 └ハーフ、ヨザックの幼馴染
 デフォルト名:シャルロッテ・ティンダーリア
 愛称:シャール

【逆転裁判】
 └成歩堂・御剣・矢張の幼馴染で刑事
 デフォルト名:筒深稔莉(つつみ みのり)

アーカイブ

リンク

管理画面
新規投稿

お題配布サイト様


Natural Beautiful
└「何気なく100のお題」
A La Carte
└「ふしぎな言葉でいくつかのお題」
追憶の苑
└「詩的20のお題」
└「始まりの35のお題」
リライト
└「気になる言葉で七の小噺」
└「君と過ごす一年で十二題」
Ewig wiederkehren
└「恋に関する5のお題」
Dream of Butterfly
└「失われる10のお題」