忍者ブログ

小ネタ日記

TOS・TOA・彩雲国物語等の名前変換小説の小ネタを載せております。 感想・意見・質問ございましたら各記事のコメント、もしくはサイトにてどうぞ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

櫻散る庭 薄桜鬼×刀剣乱舞

デフォルト名:立花眞里


極の修行に行く短刀の選び方

「極、か……」

 こんのすけから手渡されたのは、短刀の更なる力を目覚めさせる「極」という修行。先行して修行に行けるのは五虎退、厚藤四郎、乱藤四郎、平野藤四郎の四振。この中から一振りのみ。
 眞里は読み終えた文を近侍の和泉守兼定へと手渡す。彼はさっと目を通すと主を見つめた。

「誰に行かせるんだ?」
「さて。皆の意思を確認しないといけないとは思うけれど、皆行きたがるのか分からないからね」
「まあ、この四人は練度も条件を満たしてるしなぁ。厚藤四郎辺りは行きたがるのは目に見えてるが……」

 和泉守兼定の言葉に眞里は厚藤四郎の姿を思い浮かべ、この話を告げればどのような反応が返ってくるかを想像してみた。
 表立って感情を顕にすることは珍しいが、血気盛んな一面もあるため、即答で名乗りでる気がするのは近侍の意見と同じであった。

「ふむ。だがこういうのは本人の運も大事だと聞いたことがある。早い者勝ちということで、私が会った順に訊ねてみるとしようか」
「……まさかとは思うが、面倒がってないか?」
「……そんなことはない」

 文机の上を片付けながら眞里は、視線を逸らした。
 わかりやすい様子に小さく笑うと和泉守兼定は政府からの文を丸めて重要書類の棚へと納めた。

「さて、誰が始めに来るかな」

そしらぬ振りを始めた彼女の視線は傍にかけられた太刀へと向かっていた。そろそろ稽古場へと乱入する頃合いなのだろう。この審神者は芯からの武闘家であり、武士であったため毎日必要以上に稽古場へと顔を出しては刀剣男子を切っては投げ切っては叩きつけを繰り返していた。
刀剣男士立ちも似たような血気盛んな者達ばかりで主が稽古場へ現れると稽古の相手に名乗り出る者が途切れることはなかった。

すっと、静かな動作で眞里が廊下へと視線をやる。同じくして和泉守兼定も廊下へと顔を向ける。
隠しているわけではないが、だだ漏れでもない。静かな気配が部屋へと近づいているようだった。

「……誰だ?」
「おそらく、五虎退だろう。今日稽古を約束していたからだろうか」
「……五虎退」

同じことを考えたのか、彼は何も言わずに腰をあげると先ほど棚へと置いたばかりの文を手に取った。

「早い者勝ちで、本人の意思を確認すればいいんだな?」
「そうだな。それか、希望者は私から一本取るというのは」
「それだと誰も修行に行けないと思うが」
「……そうか」
「いや、残念がらなくてもあんたと打ち合いなんて皆喜んでやるだろうが」

彼の言葉に眞里はそうだろうか、と首を傾げていたが廊下よりかけられた言葉にすっと姿勢を正した。

「主さま、五虎退です」
「ああ、どうぞ」

失礼します。そんな言葉と共に、小さな虎を連れた短刀五虎退が入室してきた。今日は五虎退に稽古を誘われていたため、わざわざ迎えに来たのだろう。室内に入ると五虎退は静かに眞里の前に腰を下ろし、胡座をかく。

「もうお勤めはよろしいのですか?」
「ああ、一息ついたからそろそろ稽古場へと向かおうと思っていたところだよ。迎えに来てくれてありがとう」
「良かった。お仕事、邪魔してしまったかと思いました」
「おーい、これ。いいのか」

五虎退とのんびりとした会話を交わしていると、和泉守兼定が眞里の斜め後ろへと腰を下ろし文を手渡してくる。受け取ると、忘れていたとばかりに五虎退へと差し出す。
突然文を渡された五虎退は驚きながらも、手に取って読むように促す視線に負け、畏まって文を開けた。
小さな双眸が驚きながらも次第に熱を帯び、少しの不安と期待に染まるのを眞里は静かに見つめていた。
二度、三度と読み返した後五虎退は静かに文を閉じた。

「五虎退」
「……はい」
「行くか?」
「行きたいです! で、でも」

眞里の問いに勢いよく答えるが、すぐに弱々しい声で否定の言葉が続く。そのまま続けられる言葉には興味がないのか、切りたいのか眞里は膝を軽く打ち和泉守兼定を振り返った。

「よし。では、記念すべき初修行者は五虎退だな。手続きを頼む」
「へいへい。やっておくから、その間予定通り稽古でもなんでもしてこい」
「助かる。頃合いを見て戻る」
「え、主さま?」

立ち上がり太刀を手に部屋を出て行く眞里に呆気に取られながらも五虎退は無意識にその後に続き、稽古場へと向かっていった。

「本当に僕が行ってしまっても……」

五虎退が読んだ文の中には修行に行ける他の兄弟たちの名前が載っていた。なのに協議もないままに自分が勢いのままに名乗りでてしまい、それでいいのか不安に飲まれていた。

「私は誰が行ってもいいと思っていた。恐らく何人かは希望するとも。五虎退の後にまた行けばいいだけの話ではないだろうか」
「でも、僕が一番だなんて……」
「あの文が来て初めに会った順に問おうと思っていたんだ。だから初めに来た五虎退に選択権があった。ただ、それだけのこと。運も実力のうちとか言うそうだ」
「運も実力のうち……」
「そう。まあ、二人目以降は違うやり方にするけどね」


 追い付いた主の顔を見上げれば、柔らかな笑みを見つけ少し照れ臭くなってしまった五虎退は抱き上げた小虎の誤魔化すように撫でる。ふわりと自分の頭が撫でられ思わず手が伸びてきた先へと視線をやると、眞里が優しい顔をして笑っていた。

「へへっ」
「さあ、では修行に行くと共に稽古が出来なくなるし今日はとことんやろうか?」
「えっ、そ、その……」

 何時もならば躊躇いながら「自分相手では……」と控えめに遠慮しようとする五虎退であったが口ごもった後、主を見上げた視線には力強い光が宿っていた。

「主さま、お願いします!」
「よし、遠慮なしにかかっておいで」
「はい!!」

奮闘虚しく、いつも通り眞里にこてんぱんに負けてしまった五虎退であったが、その面差しはすっきりとしており事情の知らない短刀の兄弟達はしきりに首を傾げていた。



***
友人が出した薬厚本に現パロの薬厚を書かせてもらいました。
その本の友人の主題が極の修行に行く厚藤四郎のお話だったので、うちの審神者の眞里さんならどんな感じで修行に行く子を選ぶかな?と思って書いてみました。
ぷらいべったーに載せてたのをそのままこちらへ。

拍手[0回]

PR

誠の先の物語

サイトで連載している薄桜鬼×BSRの主人公がノーマルルートの末にとうらぶの世界にうっかりトリップしたらという設定

デフォルト名:立花眞里(たちばな まさと)


眞里がノーマルルートで息絶えたあと




 全てが終わったのだ。
 半端で投げ出された任も、分かち合った誠の重みも。
 これで、漸く。あの人達の居るもとへ向かえるのだと。



 気付けば眞里の目前には縁側が出現していた。
 縁側から覗ける小さな畳の部屋は床の間だろうか。
 上座にあたる座敷の場所に五振りの刀が等間隔に並べられていた。
 誰かの笑い声や、話し声。懐かしい音が聞こえてきそうな光景であるのに、眞里の耳に入ってくる音は何一つとしてなかった。
 あまりにも不自然すぎる静寂。
 五稜郭ではないこの場所は、何処なのか。満身創痍であった己の身体も装備もそのままただ眞里だけが見知らぬ土地に立ち尽くしている。


「やあやあ、お待ち申し上げていました。新たに審神者に任じられた方ですね」

 気配なく響いた声に咄嗟に腰元の刀へと手が延びる。金属が擦れ合う音がその場に響いた。

「……きつね?」
「私は政府に命じられた案内役でこんのすけと申します。あなた様のお名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

 声の主は小さな狐のような生き物であった。しかし、眞里の知る限り狐は人の言葉を解さず話すこともない。

「私は、……また……。何故だ? 何故私は……」

 もしや、また時を越えたのだろうか。武田の戦場から幕末の江戸へと世界を越えたように。戦場の五稜郭から見知らぬ世界へと。
 戦場に数多の同士を置き去りにしたのだろうか。あの時のように。

「何か事情がおありのようですが、まずはあなた様のお名前をわたくしめに教えていただいても?」
「……立花、眞里だ」
「立花さまですね。これにて正式に審神者へと任命されました」
「私は了承などした覚えはない!」
「名乗って頂きました故。名を明かすは身を委ねるも同じこと。さあ、立花様。審神者として近侍をお選びください」
「いや、話はまだ終わっていない! ……近侍?」

 見渡せど、室内に居るのは眞里ときつね、後は五振りの刀だけである。人の影など見当たらない。もしやきつねにしか見えない何かがいるのだろうか。

「そちらに用意しました五振りの刀剣。この中から一振りお選びください」
「刀が近侍……?」
「どの刀でも結構です。さあ、どれか一振り。遠慮などなさらず」

 きつねに物申したいことは多々あれど、眞里の目は自然と刀へと惹き付けられていた。
 我知らずと手が延びる。何かに引かれるように延ばされた指先に触れた瞬間気付けばきつく鞘を握りしめており、刀身を引き抜きかけていた。

 何かが身体から抜けていく。BASARA技を使った時のように芯から末端へと流れていくそれに身を委ね、抜き身の刀身から光が迸る。咄嗟に目を瞑り、新たに現れた気配にどこか懐かしさを感じる。

 何故だろうか。この温かな気配は。何故か懐かしさが沸き出て修まらず、不思議と馴染んでしまうこの空気は。


「オレは和泉守兼定。かっこ良くて強い! 最近流行りの刀だぜ。あんたがオレの主だな、よろしく頼む」


 朱色の着物を身に纏い、目前に現れた見知らぬ青年の姿が眞里の記憶の最後であった。





*****

出来心で書いてみて、ツイッターのプライベッターで公開していたSSです。
大分前にノーマルルートで現代に転生したお話を小ネタ日揮でも書いていたので転生せずに審神者に就任してしまったらみたいな感じです。

ゲームにおいて審神者も戦うのか、それとも本丸で待つのみなのかは解りませんが、恐らく彼女は戦いに行かずにはいられないだろうな、と思います。
行けない場合は鍛練で道場辺りで稽古つけてるかも。

拍手[1回]

二世の契り

デフォルト名:史(ふみ)





 史は谷嶋(やしま)という武士の家の三人娘の二番目の娘に生まれた。娘ばかりの谷嶋家は昔から武芸に秀でた一族だったが生まれたのは史を含めた三人の姫のみ。
 姉は早くに婿を迎え、谷嶋の家を守っていたが、家を継ぐ必要がなかった史は同じ年に生まれた小島家の姫と共に家臣に紛れて武芸を磨いていた。

 小島の姫は綾といい、年の離れた兄が一人居た。
 豪胆で、不器用で大雑把な彼は弥太郎といい、史は兄と慕い綾と共に遊んでもらいたくて小島の家に入り浸っていた。


 しかし、そんな毎日も弥太郎が嫁御を迎えてからは、遠い彼方に追いやられていた。





「毘沙門天の御使いさま?」
「ええ。白き光より出でて、鬼若殿を窮地より救ったと」
「で、殿が毘沙門天の御使いだとおっしゃったのね」

 綾姫は優しげな笑みを浮かべてそっと顎を引いた。殿……上杉景虎の命が危うかったが、それを異界の娘が救ったという奇妙な出来事は殿の命が助かったという大事の前には小さな出来事のようであった。
 竹馬の友とも呼べるこの姫の秘めたる想いを知っている史は綾姫の喜びが我が事のように嬉しきことだった。

「で、綾は如何様に?」
「殿から御世話を仰せつかったので、姫に仕えます。そこで、史に御願いしたいことがありまして」
「私に?」

 しっかり者と評判の小島の姫が、幼馴染みとはいえ、史に改まって頼み事をするとは余程のことだと思いそっと背筋を伸ばし彼女の眸を見つめた。

「兄上の目附を御願いしたいのです」
「…………」
「史?」
「…………嫌です」
「駄目です。聞きません」
「小島の家の事を谷嶋の私が口を出すのはおかしなことでしょう。殿も御当主殿も御許しになる筈が」

 機嫌を損ねたように庭へと顔を向けた史に綾姫はくすくすと小さな笑みを浮かべる。まるでその態度は予想通りであったと言わんばかりで。

「殿からは御許しを頂いています。兄上は」

 その先は聞かずとも史でも分かった。小島弥太郎が上杉景虎のそのような些末な指示を拒否することなどない。「殿の御命令とあらば」二つ返事で御意と返すのだろう。

「綾っ!!」
「いい加減に、結末を付けろということですよ。史」
「結末など……」

 史はぐっと言葉を噛み締めて、視線を遠くにやりながらそっと目を伏せた。
 幾年、幾星霜経とうとも史の脳裏には彼の方と細君の幸せな営みを思い浮かべることができた。
 分かっていた。彼の方が史をそのように見ることなどないということを。細君が身を隠した後もその二人の姿が目蓋の裏に焼き付いたまま離れなかった。
 その場に収まろうと思ったことなど一度もない。だからこそ、あの晴れ空の下、祝儀を祝福したあの日に結末などついていた。
けれど、想うことだけは赦して貰いたかった。

 だが、結末を付けろと云うのならば史が取るべきは唯一つだけだった。

 そっと目蓋を震わせながら視界を広げると、綾の眼差しを受け止めた。
 すっと息を吸い込み、胸に空気を染み込ませる。これ以上無様姿は誰にも晒せない。

「分かりました。綾が御遣い様に御仕え申上げる間、谷嶋の史が小島の御当主様の御世話を仰せつかります」

 決意の光を浮かべた史の眸に驚きに目を見張った綾姫の姿が映っていた。
 綾姫と御館の思惑とは全く異なった方向へと進み始めた事を知るものは誰も存在しなかった。


***

『二世の契り』より弥太郎夢設定でした。
弥太郎好きだ!!となった割には何故かこんな話。

綾姫の幼馴染みで弥太郎が小さな頃から好き。
妹としか見られていないことを理解しながら、遠くで眺めているので満足している。

拍手[0回]

青エク

デフォルト名:木下風夏(このした ふうか)



 風夏に幼なじみは二人いる。
 同じ年の男の子で、性格は似ていないような似ているような。

 双子という同じ日に生まれた兄弟であるその二人は、どこか普通の子供とは一線を引いているが、風夏には大切な幼なじみであることには変わりなかった。


「おーじさまー?」

 黒い服を着こんだ大きな背中に呼び掛けると、相手はゆったりと振り返り辺りを見渡す。すぐさま物陰からひょっこりと姿を表す風夏に気付き、にっこりと笑うと風夏の視線に合わせて屈み込んだ。

「お、風夏ちゃんじゃないか。今日は一人か?」
「うん、雪と燐とは別に帰ったから」
「うーん、あいつらは何か今日も喧嘩してきたのか?」

 風夏は少し考え込むように俯きがちに首を傾げる。

「おじさまは何も聞いてない?」
「ああ、燐なんか『クソジジイには関係ねー!』とか言ってな。雪男も黙りだ」

 おじさんは悲しいねぇ、と泣き真似をしてみせる獅郎に風夏は更に難しそうに考え込むが、じっと獅郎を見上げた。

「おじさまは怒っちゃ駄目だからね?」
「ん? 何をだい?」
「燐がクソジジイって言ったのは怒ってもいいけど、喧嘩したことは怒っちゃ駄目だからね? 約束してくれたら、喧嘩のお話してあげる」

 ムッと、難しい顔をしたまま風夏は右手を獅郎へと差し出して小指を突きつける。
 その小さな小指に獅郎は指を絡ませてにっと笑みを浮かべて指を振る。
 絡まった小指に風夏は同じようにニカッと笑うと、約束を交わす。

 飯事のようなやり取りでも、風夏にとっては大切な『約束』の取り決めである。燐や雪男は最近はこの約束を交わしてくれないから、獅郎が快く交わしてくれたのも嬉しかった。


「おじさまも分かってると思うけど、燐がクラスの男の子と喧嘩したの。でもね、雪が嫌がらせされてたのをね、止めろって怒ってくれただけなの。そうしたら、相手の子が燐を突き飛ばしたの。だからね、燐はせーとーぼーえーなんだよ」

 でもかじょうぼーえーかもね、と腕組をして難しい顔をする風夏に獅郎は優しい笑みを浮かべる。
 慈しみの色が浮かぶ笑みと共にそっと風夏の頭を撫でながら獅郎は言葉を選ぶ。

「燐は雪男を守っただけだから怒るなってことでいいのかな?」

 喧嘩っ早くて相手を重傷に追い込む燐だが、こうして燐の行いを肯定してくれる同年代の少女がいてくれるのはとても有り難いことである。
 しかし獅郎の予想とは違い、風夏はキョトンとして首を振って否定を示した。

「違うよ?」
「え、違うのか?」
「うん、相手の子と燐と雪は私がもう怒ったから、おじさまは怒らないでねってこと」

 ニコニコと事も無げに告げる風夏に思わず二の句が告げずに絶句してしまった獅郎だったが、そういえばこの子は木下家の娘だったと思い出す。


「喧嘩りょうせいばい!」



**


使い回しで申し訳ないですが、夢喫茶より青エクの設定です。

奥村ツインズの同じ年の幼馴染み。
雪男と同じ年に祓魔師になります。
手騎士と詠唱騎士の称号持ちで手先はぶきっちょ。

スカートだろうと平気で回し蹴りをかます子。

拍手[0回]

スラムダンク 君が微笑むから

デフォルト名:古河朱里(ふるかわあかり)



 重く弾む音が響く。バスケットボールが跳ね返る音は独特で、静かな体育館の中でとても目立つ。
 音に合わせて足跡も響く。バスケットシューズで走る音も、独特である。

 二つの音が複雑なリズムで絡まり合い、やがて途絶える。
 独特なシュート音と、跳ねるボールの音。シューズの音は途絶えたまま。

 朱里はこの独特な空間が好きである。双子もかくやとばかりに共に育った幼なじみとは切っても切れぬ関係のバスケットボール。

 再び響くボールの跳ねる音にシューズが走る音。



 朱里は鞄を体育館の入り口に置くと、中をのぞき込む。

 黒髪の背の高い男子がドリブルでコートを横切り遠くのラインからシュートを決めた。
 綺麗な軌跡を描いてゴールに吸い込まれる。

「ナイッシュー!!」

 思わず掛け声をかけると中に居たものが気づいたのか朱里を振り返った。

 整った顔立ちをしているが、表情が薄いためにクールといって騒がれている幼なじみ、流川楓は朱里を見ると挑戦的に目を細めた。

「終わったのか」
「うん。楓は?」

 今は自主練で残っているのだろう。もう終わるのか、まだ残るのか。そう言った意味での問い掛けに流川はボールを朱里にパスした。

 受け取り損ねて床に落としてしまい慌てて拾うと「へたくそ」と声を投げられる。そのまま床にボールを置くと靴を脱いで体育館に上がり込む。
 むっとしつつも事実なので、朱里は何度かボールを弾ませると、ゴールを目指して投げる。

 元々流川と違って運動神経というものに縁がない朱里はボールコントロール力も皆無であり、いわゆるノーコンである。
 シュートを狙って投げたとしてもあらぬ方向に飛んでいく。

「リバウンドー」
「どあほう!」

 見当違いの方向に飛んだボールを見事キャッチした流川はゴールめがけて高く飛び上がり、ゴールへとボールを叩きつけた。

「おお、すごいすごい! ダンクだ!」
「……どあほう」

 リングにぶら下がっていた流川は軽い動作で飛び降りると、飛び跳ねて手を叩いて喜ぶ朱里の額を指で弾く。弾かれた額を抑えながらも朱里はへらりと笑って流川を見上げる。

「かっこいいねー、さっすが楓」
「さっきのリバウンドは使い方がちげぇぞ。いい加減覚えろ」
「だって難しいから無理!」

 にへらと笑う朱里に流川は諦めたように溜息をつくと、ボールを拾いにのんびりと歩いていった。その背中が、自主練は終わる。と言っていた為に朱里は隅に立てかけてあったモップを手に床を磨き始める。
 モップ片手に鼻歌で歌うのは、本日の部活でさらった曲である。
 元々はジャズグループの曲を吹奏楽アレンジした曲で、アップテンポでフレーズも面白いとなかなか人気の曲で、朱里が所属する楽団でもついに譜面が配られた。

 世間の例に漏れず、朱里も虜になっていた。

「新しいやつか?」
「うん。今日初合奏だったんだよ」

 モップをかけていると反対側から流川がモップをかけていた。言葉もなく二人でモップをかけ続け、最後までかけ終わると流川が朱里からモップを受け取りそのまま片づけに向かう。
 その背中を見送り、朱里は体育館の戸締まりを行う。

 最後の鍵をかけると、制服に着替え終えた流川がその鍵を抜き取り校舎へと歩いていく。事務室に届けに行くその背中を見送ると待つことなく一人自転車置き場に向かう。一台の鍵を開けると朱里は籠に鞄を放り込み、身長にそぐわない自転車を押していく。

 校門にたどり着くと、既に流川が待っていて、朱里は無言で自転車のハンドルを渡す。流川が頷きと共に自転車に腰掛けると、慣れたように後ろに座り流川の肩を掴む。

「楓号、しゅっぱーつ!」
「どあほう、誰が楓号だ」

 頭突きを繰り出すと、流川は勢いよく自転車を漕ぎ出す。その後ろで、頭突きされた箇所を痛そうに抑えながら、朱里は楽しそうに微笑んでいた。

「楓、月曜日小テストだからね」
「……聞いてねー」
「範囲まとめといたからやっとくんだよ」
「……分かった」



**

幼なじみ設定の子です。
例によって吹奏楽部ですが。

拍手[1回]

ブログ内検索

注意書き

【TOS・TOA・彩雲国物語・遙か・十二国記など】の名前変換小説の小ネタを載せております。
各小話のツッコミ大歓迎です!
気軽にコメントしてください。

カテゴリー

最新記事

設定

各タイトルの説明

【schiettamente】又は【軍人主】
 └TOAマルクト軍人主人公
 デフォルト名:ラシュディ・フォルツォーネ

【教団主】
 └TOAローレライ教団主人公
 デフォルト名:アディシェス・アスタロト

【アゲハ蝶】
 └TOA雪国幼馴染主人公
 デフォルト名:エミリア・ティルノーム

【ensemble】又は【旅主】
 └TOS旅仲間主人公
 デフォルト名:アトラス・ファンターシュ

【一万企画】又は【企画主】
 └TOSロイド姉主人公
 デフォルト名:セフィア・アービング

【傍系主】
 └TOA傍系王室主人公
 デフォルト名:ルニア・ディ・ジュライル

【十二国記】
 └雁州国王師右将軍
 デフォルト名:栴香寧

【遙かなる時空の中で3】
 └望美と幼馴染。not神子
 デフォルト名:天河華織

【明烏】
 └遙かなる時空の中で3・景時夢
 デフォルト名:篠崎曙

【彩雲国物語】
 └トリップ主
 デフォルト名:黄(瑠川)有紀

【コーセルテルの竜術士】
 └術資格を持つ元・旅人
 デフォルト名:セフィリア・エルバート
 愛称:セフィ

【まるマ・グウェン】
 └魔族
 デフォルト名:セレスティア・テリアーヌス
 愛称:セレス

【まるマ・ギュンター】
 └ハーフ、ヨザックの幼馴染
 デフォルト名:シャルロッテ・ティンダーリア
 愛称:シャール

【逆転裁判】
 └成歩堂・御剣・矢張の幼馴染で刑事
 デフォルト名:筒深稔莉(つつみ みのり)

アーカイブ

リンク

管理画面
新規投稿

お題配布サイト様


Natural Beautiful
└「何気なく100のお題」
A La Carte
└「ふしぎな言葉でいくつかのお題」
追憶の苑
└「詩的20のお題」
└「始まりの35のお題」
リライト
└「気になる言葉で七の小噺」
└「君と過ごす一年で十二題」
Ewig wiederkehren
└「恋に関する5のお題」
Dream of Butterfly
└「失われる10のお題」