忍者ブログ

小ネタ日記

TOS・TOA・彩雲国物語等の名前変換小説の小ネタを載せております。 感想・意見・質問ございましたら各記事のコメント、もしくはサイトにてどうぞ。

誠の先の物語

サイトで連載している薄桜鬼×BSRの主人公がノーマルルートの末にとうらぶの世界にうっかりトリップしたらという設定

デフォルト名:立花眞里(たちばな まさと)


眞里がノーマルルートで息絶えたあと




 全てが終わったのだ。
 半端で投げ出された任も、分かち合った誠の重みも。
 これで、漸く。あの人達の居るもとへ向かえるのだと。



 気付けば眞里の目前には縁側が出現していた。
 縁側から覗ける小さな畳の部屋は床の間だろうか。
 上座にあたる座敷の場所に五振りの刀が等間隔に並べられていた。
 誰かの笑い声や、話し声。懐かしい音が聞こえてきそうな光景であるのに、眞里の耳に入ってくる音は何一つとしてなかった。
 あまりにも不自然すぎる静寂。
 五稜郭ではないこの場所は、何処なのか。満身創痍であった己の身体も装備もそのままただ眞里だけが見知らぬ土地に立ち尽くしている。


「やあやあ、お待ち申し上げていました。新たに審神者に任じられた方ですね」

 気配なく響いた声に咄嗟に腰元の刀へと手が延びる。金属が擦れ合う音がその場に響いた。

「……きつね?」
「私は政府に命じられた案内役でこんのすけと申します。あなた様のお名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?」

 声の主は小さな狐のような生き物であった。しかし、眞里の知る限り狐は人の言葉を解さず話すこともない。

「私は、……また……。何故だ? 何故私は……」

 もしや、また時を越えたのだろうか。武田の戦場から幕末の江戸へと世界を越えたように。戦場の五稜郭から見知らぬ世界へと。
 戦場に数多の同士を置き去りにしたのだろうか。あの時のように。

「何か事情がおありのようですが、まずはあなた様のお名前をわたくしめに教えていただいても?」
「……立花、眞里だ」
「立花さまですね。これにて正式に審神者へと任命されました」
「私は了承などした覚えはない!」
「名乗って頂きました故。名を明かすは身を委ねるも同じこと。さあ、立花様。審神者として近侍をお選びください」
「いや、話はまだ終わっていない! ……近侍?」

 見渡せど、室内に居るのは眞里ときつね、後は五振りの刀だけである。人の影など見当たらない。もしやきつねにしか見えない何かがいるのだろうか。

「そちらに用意しました五振りの刀剣。この中から一振りお選びください」
「刀が近侍……?」
「どの刀でも結構です。さあ、どれか一振り。遠慮などなさらず」

 きつねに物申したいことは多々あれど、眞里の目は自然と刀へと惹き付けられていた。
 我知らずと手が延びる。何かに引かれるように延ばされた指先に触れた瞬間気付けばきつく鞘を握りしめており、刀身を引き抜きかけていた。

 何かが身体から抜けていく。BASARA技を使った時のように芯から末端へと流れていくそれに身を委ね、抜き身の刀身から光が迸る。咄嗟に目を瞑り、新たに現れた気配にどこか懐かしさを感じる。

 何故だろうか。この温かな気配は。何故か懐かしさが沸き出て修まらず、不思議と馴染んでしまうこの空気は。


「オレは和泉守兼定。かっこ良くて強い! 最近流行りの刀だぜ。あんたがオレの主だな、よろしく頼む」


 朱色の着物を身に纏い、目前に現れた見知らぬ青年の姿が眞里の記憶の最後であった。





*****

出来心で書いてみて、ツイッターのプライベッターで公開していたSSです。
大分前にノーマルルートで現代に転生したお話を小ネタ日揮でも書いていたので転生せずに審神者に就任してしまったらみたいな感じです。

ゲームにおいて審神者も戦うのか、それとも本丸で待つのみなのかは解りませんが、恐らく彼女は戦いに行かずにはいられないだろうな、と思います。
行けない場合は鍛練で道場辺りで稽古つけてるかも。

拍手[1回]

PR

敦盛生誕SS

デフォルト名:春日綾音(かすが あやね)



「敦盛さん」

 己を呼ぶ声に彼はゆったりと振り返る。
 声の主が手招きをしていた。その顔(かんばせ)が楽し気に微笑んでいるのを見て安堵しつつ彼の方へと歩みを向ける。

「何用だろうか、綾音殿」

 身ぶり手振りで横へと腰掛けるように促された為に少し間を空けて腰を落とす。

「あの、えっと……」

 告げるのを躊躇うような内容なのだろうか、綾音が言葉を迷わせる。しかし、その表情は負のものが見受けられない為に敦盛は催促することはせずに彼女が言の葉を紡ぎ出すのを待つことにした。

「その、敦盛さん」
「……ああ、っ綾音殿?」

 突如両の手を細い手が包み込まれ思わず声が上擦ってしまった。やんわりと放そうとするが、その上からかかった力に思わず身を委ねてしまった。

「色々考えたんですけど、何も思い浮かばなくて、だからとりあえずこれだけは伝えたくて」
「……その、何を、だろうか」

 かち合った両の眼差しが温かな光に満ちていた。彼女の柔らかな髪のような、春を思い浮かばせる優しい眼差し。
 いくら傍らが心地好くても、彼女は陽の気を纏う人。片や己は陰の気しか持たぬ人成らざるもの。
 己と彼女の行く道が交差することはないのだと。忘れてしまいたいことを、彼女の仕草で突き付けれていく。

「お誕生日、おめでとうございます。私と、……私達と出逢ってくれてありがとう」

 花が綻ぶような笑みに、冷えきっている筈の己が心に陽が射し込む。

 けれど。


 己の立場を忘ることはしない故に、今だけは。春の陽射しの差し込むあたたかな、この場所に今暫く佇むことをどうか許して欲しい。



「プレゼント……贈り物は譲と一緒に敦盛さんの好きな甘味を作りました!」


*****

遅刻で久方ぶりの遙か3の平敦盛のお誕生日(遅刻)SSです。
口調も文体も上手く定まらないので微妙ですが。
気持ちだけでも……!

拍手[0回]

遙か6 有馬SSS

ツイッターの鍵付アカウントできままに書いたSSSです。



「有馬隊長?」
 そう問いかけるも、彼はぐっと帽子を深く被ってしまう。
 ただでさえ表情から彼の考えを読み取るには深い観察が必要だというのに、顔を隠されてはと、反射的にそのつばに手を伸ばすと、

「……あまり、間近で覗き込まないでくれないか」

 被せられた帽子はほんのりと暖かかった

***


「有馬隊長殿、お疲れ様です」

 柔らかな声が聞こえる。この声を聞き慣れたのはいつの頃からだったのだろう。
 いつの間にか日常へと溶け込む秋先の金木犀の香りのように、耳慣れた高すぎない静かな声を聞くと肩の力が抜けるようになったのもいつからか。

 振り返れば目に入る翻る袴。

 今はまだ、この距離で

拍手[1回]

遙か6SSS 有馬

デフォルト名なし



「精鋭分隊だ! 道を開けてくれ!」

厭な気が漂っていた路地の先から朗々と響く声。ふと足を止めて気付けばそちらへと進んでいた。

「はあぁっ!!」

一閃。煌めく白刃に気配は断ち消え、霧散していった。
流石精鋭分隊隊長殿だ。ざわめく民衆の声に既に淡々と部下に指示を出す彼に視線をやると、淡々とした顔ではあるが少し翳りがあるように見えるのは気のせいだろうか。けれど、常ならばきびきびと動くその手足に漲る活力がみえず、少し鈍っているようである。
もしや。思わず己の襟元を握ると懐に入れてある匂袋を思い出す。しかし、直接渡した処で受け取っては貰えぬだろう。
ふと、目の前を緑の外套を羽織った青年が通り過ぎる。

「あのっ」
気づけば反射的に呼び止めていた。青年ーー、精鋭分隊副隊長の片霧秋兵は立ち止まると柔和な笑みを浮かべて振り返る。
「はい、どうかされましたか?」
「あの、隊長さんにこれをお渡し下さい」

思わず匂袋を差し出す。困惑している気配は感じるのに微塵も表情には出さない彼に感心しながら言葉を続ける。

「懐にしまっていただく必要はありません。一時握っていただければ後は必ず燃やして下さい」
「燃やしてしまうのですか?」
「必ず。お願い致します」

深く頭を下げると踵を返した。

「どうした、秋兵」
「ああ、有馬。君にと頼まれまして」

狭い路地の先を見つめたいた秋兵はどこか楽し気で、けれど彼の言葉に不審な点を抱いた有馬は眉根を寄せる。有馬の知る片霧秋兵は、不用意に他人への贈り物は受け取らない筈であった。そんな彼から渡されたものを反射的に受け取る
掌にあるのは淡紅の匂袋。恐らく女性のものなのだろう。手にした瞬間から、ここ何日もの間抱えていた違和感が溶け込むように消えていく。思わず匂袋を握り締めれば溶け込むのが速まっていくようで。
「有馬? どうかしましたか?」
「いや、これを俺にと?」

匂袋は何故か、薄ぼけてみえた。

「ええ。可憐な乙女でした。あと、一握りした後は必ず燃やして欲しいと」
「何だと?」

手にしているものは匂袋だと分かっているのに何故かそのように視ることが敵わない他のものになっていた。

「ええ、必ず燃やして欲しいと。勿体ないですね」

美しい刺繍も入っていますし、と目を細める秋兵の目には視えないのだろうか。
強く握り締めると有馬は細い路地の先を見た。

「秋兵これを渡してきた相手の顔は覚えているな」
「ええ、勿論。見かけたら声かけを?」

頷く有馬を可笑しそうに見ると秋兵は固く頷く。拝命しました。からかう彼の声を背に有馬は部下に火元を持っているものがいないか探しに向かった。




ツイッターの鍵付きの夢専用アカウントで思い付きでポチポチうった散文をほんの少し手直し。


帝都の子でそこそこいい家?の娘さん。
家は代々軍に対して否定的な一家で、母親譲りの霊力が高い。
なんとなくの想像や行動で怨霊に効果抜群の御守りが出来たり結界擬きが張れたり。
軍は嫌いだけど、精鋭分隊にはちょっと好意的。
みたいな感じですが、デフォルト名も何も珍しく決まっていません。
~~子で辞典引いて決めたいものです。
何かオススメの名前があればぜひ。候補に⬅手抜き

拍手[1回]

期間限定企画『移り往く季節を君と』

移り往く~
季節ネタ

デフォルト名:朔夜


 吐息が白く煙り空へと消えていくのを見守ると、黄金色に輝く草原を見やる。
 恒例になりつつある、季節の移り変わりの時の夫婦の散歩で豊葦原へと訪れていた。眼下に広がる一面の葦原に立ち竦む朔夜を見越してか、アシュヴィンと黒麒麟は彼女が動き出すまで待ち続けるのも恒例になっているようだった。

 頬を刺すような痛みを覚える風の冷たさに肩を揺らすと、気遣うような気配を感じた。

 己の身体を乗せて飛翔している黒麒麟の身体をそっと撫でて、気遣いの礼を伝える。応える様な気配に自然と相好を弛めると、朔夜の意識を引くように腰に回された腕に力が込められた。

「時期に冬だ。お前の好む時節は間もなく過ぎるな」
「毎年連れて来て下さってありがとうございます。……やはりこの時期はこの景色を見ないと落ち着かないみたいだわ」

 幼い姫と姉姫と従者達と訪れていた息抜きの場所。忌み嫌われる御髪の色と同じ場所だと、鬼事や隠れあったりとした想い出。
 その時の人々は二度と会うことが叶わないと知っていても。ーー知っているから、解っているからこそこの景色を見たくなってしまうのかもしれない。

「秋は、他にも美しい景色も、見るべきものもあるのよ?」
「ああ。紅に染まる山々や、熟した食い物。祭事や、他にもあるな。ここよりも美しい場所は山程あるだろう」

 だがな。アシュヴィンはそう続けると、言葉なしに黒麒麟へと指示を出し、黒麒麟は音もなく高度を下げると蘆原へと近付いていく。触れることは叶うが降りることは叶わない高さへと。

「俺はお前が美しいと思うものを共に見たいと思うのだ。お前が、見たいと願うものを共に見たいのだ。そんな俺のいじらしい想いを邪魔立てする訳ではあるまい?」





***

大変、大変遅くなりましたがリクエストを頂いていた、移り往く季節を君との朔夜とアシュヴィンから季節ネタです。


秋の夕日を映す蘆原は本当に金色に輝いていて、一度肉眼で見てみたいものです。

拍手[2回]

ブログ内検索

注意書き

【TOS・TOA・彩雲国物語・遙か・十二国記など】の名前変換小説の小ネタを載せております。
各小話のツッコミ大歓迎です!
気軽にコメントしてください。

カテゴリー

最新記事

設定

各タイトルの説明

【schiettamente】又は【軍人主】
 └TOAマルクト軍人主人公
 デフォルト名:ラシュディ・フォルツォーネ

【教団主】
 └TOAローレライ教団主人公
 デフォルト名:アディシェス・アスタロト

【アゲハ蝶】
 └TOA雪国幼馴染主人公
 デフォルト名:エミリア・ティルノーム

【ensemble】又は【旅主】
 └TOS旅仲間主人公
 デフォルト名:アトラス・ファンターシュ

【一万企画】又は【企画主】
 └TOSロイド姉主人公
 デフォルト名:セフィア・アービング

【傍系主】
 └TOA傍系王室主人公
 デフォルト名:ルニア・ディ・ジュライル

【十二国記】
 └雁州国王師右将軍
 デフォルト名:栴香寧

【遙かなる時空の中で3】
 └望美と幼馴染。not神子
 デフォルト名:天河華織

【明烏】
 └遙かなる時空の中で3・景時夢
 デフォルト名:篠崎曙

【彩雲国物語】
 └トリップ主
 デフォルト名:黄(瑠川)有紀

【コーセルテルの竜術士】
 └術資格を持つ元・旅人
 デフォルト名:セフィリア・エルバート
 愛称:セフィ

【まるマ・グウェン】
 └魔族
 デフォルト名:セレスティア・テリアーヌス
 愛称:セレス

【まるマ・ギュンター】
 └ハーフ、ヨザックの幼馴染
 デフォルト名:シャルロッテ・ティンダーリア
 愛称:シャール

【逆転裁判】
 └成歩堂・御剣・矢張の幼馴染で刑事
 デフォルト名:筒深稔莉(つつみ みのり)

アーカイブ

リンク

管理画面
新規投稿

お題配布サイト様


Natural Beautiful
└「何気なく100のお題」
A La Carte
└「ふしぎな言葉でいくつかのお題」
追憶の苑
└「詩的20のお題」
└「始まりの35のお題」
リライト
└「気になる言葉で七の小噺」
└「君と過ごす一年で十二題」
Ewig wiederkehren
└「恋に関する5のお題」
Dream of Butterfly
└「失われる10のお題」