忍者ブログ

小ネタ日記

TOS・TOA・彩雲国物語等の名前変換小説の小ネタを載せております。 感想・意見・質問ございましたら各記事のコメント、もしくはサイトにてどうぞ。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

期間限定企画 『花は散れども』

デフォルト名:立花眞里





 吹きすさぶ風から痛さが取れると、雨が多くなった。それは春が運ばれてくる前兆である。
 花が咲き綻び、順々に様々な花が彩りを楽しませてくれる。

 一日を終えて、自主稽古をしていた眞里は呼び掛ける声に手を止めた。

「……暫しお待ち下さい」
「いや、出かける支度をしたら部屋まで来い」

 眞里の返事を聞く前に去る背中を見送り、暫し考えに立ち尽くす。
 しかし、考えても外出の用事なのだろうということしか思い当たらず、部屋に足を向けた。




 何故、こうなったのだろうか。
 眞里は疑問に思いながら促されるままに縁側に腰を下ろす。

 目前には月の光を浴びて、風に揺らぐ桜の枝。
 まるで、雪が舞い降りているようにはらはらと花弁が数枚風にさらわれていく。

「何だ、遠慮すんなよ? 土方さんの秘蔵の酒なんだ」
「……はい」
「ったく他の奴等も付き合い悪ぃな。……こんなにいい花見酒日和なのにな」
を飲み干すと、徳利に手を伸ばす。それを見た眞里は静かに徳利を持ち上げると、酌をする意を告げる。
 目を瞬くも、すぐに穏やかな笑みを浮かべた原田は盃をぐっと差し出した。

「もうひとつあるんだ。お前も呑むだろ?」
「頂きます」

 渡されるまま盃を受けとると、なみなみと酒を注がれる。香りを楽しむと、一口。
 感心したように目を瞬く眞里に原田はにっと笑みを浮かべた。

「だろ?」
「土方殿は何故に……」
「まあ、たまには花見酒でもしてろってことだろ」

 眞里は知らされていないが、永倉と斎藤、藤堂も土方から声をかけられていたが、何故か挙って用事があると断られた。原田が三人の行動にばつが悪そうな顔をしたのは眞里には秘密である。


「そういや、眞里は酒に酔ったことはないのか?」
「ありますよ」

 事も無げに答えると、ちらりと酒を舐めながら、昔を思い出す。
 酔うと手がつけられない、というほどでもないし記憶もある。だが、人様に迷惑をかけるのは分かりきっているために、江戸に来た時から酔うほど呑んではいない。
 才蔵と佐助と幸村はこの場合人様に含まれないので、心置きなく迷惑をかけることは告げる必要はないだろう。
 眞里の返答に原田はにっと口角を上げると、空になった眞里の盃に酒を注いだ。

「見てみたいもんだな」
「……辟易すると思いますよ」





***

ほ、ほのぼの……?

前々から、眞里が酔っぱらったらどうなるのかな、というのは考えてます。中々分かりません。

①才蔵に絡む。ゆえに、現在酔っぱらうと才蔵を探す
②御館様ー!! 叫ぶ。幸村と叫び合う。
③愚痴る。内容は才蔵と佐助のこと
④寝る

拍手[4回]

PR

【企画】青空の下で 『春を探しに』

デフォルト名:黄有紀(こう ゆき)




 恒例の勉強の日。
 絳攸と顔を合わせた途端に有紀はふわりと笑みを浮かべると、絳攸の手を取った。
 予想外の有紀の行動に不思議そうな顔をする絳攸を素通りして、有紀は百合へと視線を向けた。

「百合さま、今日はお散歩してきてもいいですか?」
「散歩?」
「お散歩かあ、天気もいいものね。私も行きたいわ」

 仕事があって行けないから、二人で楽しんで行ってらっしゃい。という百合の笑顔により絳攸の返答に構わず二人は散歩に出掛けることになった。




 道を歩く隣の有紀を見ながら絳攸は突然の散歩にも関わらず、不満を言うことなく歩いていた。
 この幼馴染みとも言える友人はこうした突発的な行動はいつものことである。しかし、年下のこの友人は絳攸に色々なことを教えてくれる。
 ご機嫌な有紀の隣を少し大きな包みを抱えながら歩く。

「今日はどうしたんだ?」
「んー」

 手を背中で組んだまま空を見上げて歩く有紀が転ばないか気にしていた絳攸は、有紀につられて空を見上げた。

 冬があけたばかりで、外はまだ少し寒い。だが、真冬の格好をしなくても外出できる程度の寒さではある。
 天気がいいといっても、真っ青な空とは言えない空模様でもある。

「最近、お仕事でお帰りが遅いから、春が来たんですよって教えて差し上げようと思って」
「『春が、来た』って?」

 有紀は深く頷くと足を止めて、道の脇を目指して歩き始めた。
 その後ろを慌ててついて行くと、有紀はすぐに足を止めて屈む。それにつれて屈むと目前に黄色の花を差し出された。

「ほら、菜の花」
「なのはな?」
「本当はふきのとうを探したいんだけど、怒られてしまうからまずは菜の花」

 二本だけ手に立ち上がった有紀は絳攸に一本を差し出す。反射的に受け取った絳攸は、不意に黎深と百合の顔が思い浮かんだ。

「……俺も春を届けてさしあげたいな」
「それなら、次は川だね」
「川?」

 首を傾げる絳攸に有紀は楽しげに笑うと、「出発!」と掛け声をかけて菜の花片手に走り出した。絳攸も慌てて追い掛けて、走り出した。




 川辺に着くと絳攸に菜の花を持って貰うと、躊躇うことなく地面に膝をついてなにかを探し始める。
 有紀とは異なり、地面に服がつかないように気を付ける絳攸は有紀指先が探すなにかを目でたどる。よく分からないままに探し終わった時に渡そうと手拭いを手に握りしめて。

「今度は何を探してるんだ?」
「うん」

 尋ねるも生返事しか返ってこないことに呆れるでもなく絳攸はじっと眺める。

「まだ早いのかなぁ……。あっ、あった」

 そっと摘み取った茶色い茎のようなものを絳攸の前に差し出す。手にはほんの数本の同じもの。
 見覚えがあるようなないものに首をかしげながら受け取ると有紀に手拭いを渡す。
 渡されたものにきょとんとする有紀だったが、はにかむと手を拭う。膝を軽く叩きながら絳攸に手渡したものの説明を始める。

「土筆っていうの」
「つくし?」
「そう。春の七草で、卵で和えるのが好きなの」

 けれど、卵であえて食べるほどは摘み取っていない。そんな疑問が目に浮かんでいたのか、絳攸の目を見るなり有紀は川原を見渡す。

「小さい子が遊びのついでに取りに来るみたいだから、私達は少しだけ」
「……そうだな。食材探しじゃなくて、『春を探しに来た』のだし」
「うん。次行こっか」

 空模様も怪しくなったし、と有紀が空を指差すと絳攸もちらりと空を見上げてこくりと頷いた。




 幾ばくも歩かないうちに吹く風が冷たくなってきた。
 腕をさする有紀の肩にどこから取り出したのか肩布をふわりと掛ける。
 驚いた有紀が絳攸を振り返ると、絳攸は何も被らずに平然とした顔で歩いていた。先程までわきに抱えていた荷物がないことから、今取り出した物をずっと持っていたことが伺える。

「ありがとう」
「どういたしまして。……風があったかくなったが、太陽が隠れると少し寒いだろ?」
「そっか……。風があたたかいからもう春だって思ってたけど、忘れてた」

 そうだろうと思った、といいながら笑う絳攸は不意に慌てて空を見上げ。

「走るぞ」
「え?」

 つられて見上げた空の雲行きが怪しいことと、ぽつりと顔に当たる雫に気付くと絳攸に片手を取られて走り出した。


 近くにあった大木の下に入ると、有紀は手持ちの風呂敷を草の上に敷いて絳攸と共に腰を下ろす。そのまま手拭いを絳攸に手渡す。
 有紀は絳攸が渡してくれた肩布で雨を凌いだが絳攸は若干雨に降られてしまった。

「……すぐに止むといいね」
「すぐに止むと思う」
「あ、空の向こうは明るいんだ」

 指差す先は雲の切れ目が見える。濡れた髪と肩をぬぐっていた絳攸はふと思い出したように、空を見上げて、小さく笑った。
 声で絳攸が笑ったのが聞こえた有紀は不思議そうに絳攸を振り返る。

「いや、これは持って帰ることは出来ないけど『春』を知らせてくれるものだなって」
「雨が?」
「ああ。季節の変わり目は雨や雷が多いと何かで読んだんだ」
「言われてみれば……。そうかも。流石、絳攸だね」

 ふわりとした笑みと共に受けた称賛に絳攸はついと目をそらすと恥ずかしげに雨雲を見上げた。




 ずぶ濡れで帰宅した二人に百合は過剰な心配と説教を贈ったのはまた別の話である。


***


久遠双樹さまから頂いたリクエストで、青空の下での二人で春を探しにです。

少し違ってしまったかもしれませんが、ほのぼのしていただければ。

拍手[5回]

期間限定企画

※被災地が大変な中、サイトの更新は自粛すべきかと思ったのですが、悲しく暗い中でなにか楽しいお話を提供できればと思い、ほのぼのとしたお話を中心に小ネタ日記にアップしていきたいと思います。

いつも皆様のあたたかい感想で元気を頂いておりますので、今度は私があたたかい気持ちを提供できれば。



ただあまりパソコンに触る時間がないので、一度小ネタ日記でアップさせていただいて、時間があるときにサイトで正式公開という少し特殊な形にさせていただきます。

リクエスト承りますので、サイトの拍手よりどうぞ

※小ネタ日記の拍手ですとコメント内容にすぐに気づくことができないため、サイトの日記の拍手もしくはサイト内拍手よりお願い申し上げます。


※リクエスト内容について

ジャンルは、小ネタ日記で取り扱いのあるものならなんでも。

お相手や、話の傾向など。
少し具体的に指定していただいても構いません。

リクエストされる方のお名前と、デフォルト名のご希望があればそれもご記入ください。

拍手[3回]

移り往く季節を君と 初めて出会う日

デフォルト名:朔夜




 朔夜は、人の目を忍んで橿原宮を抜け出すのを得意としていた。
 それは朔夜がまだ子供であり、大人の目につきにくい道を多少知っていることが要因の一つであった。そして、王家に身を列ね次代の審神者(さにわ)としての教育を受けてはいるが、まだ年若い子供。直系の一ノ姫とは違い、行動が逐一見られている訳ではない。


 だからこそ、時間を見つけては橿原宮を抜け出しては近隣の村を見て回ったり、祠を周り祷りを捧げている。

 そんなある日。

 人が忘れてしまったような祠に訪れていた朔夜は人の気配に振り返った先に見たことのある姿に驚き目を瞬いた。

「あなたは常世の将軍様でいらっしゃいますか?」
「はい。あなたは……」

 朔夜は正式な礼を彼へと送った。

「中つ国王族に連なります春、と申します。ムドガラ将軍、とお会いできて光栄です」
「ああ、貴女が春ノ姫ですか。お噂はかねがね。私こそ光栄です。このような林の中おひとりで何をなさっておいでで?」

 顔をあげた朔夜は先程まで祷りを捧げていた祠を振り返った。
 ムドガラは装飾も簡素で、人が最近詣でた気配のしない祠に驚いたようだった。

「……神に祈っておりました。常世に御座す黒き龍神に、鎮まって頂けるように」
「っ?! 黒き神をご存じで」

 常世を蝕む闇とも呼べる存在。常世でも知らぬものが多い中、中つ国の小さな姫が知っていることに心底驚いているムドガラに朔夜は悲しみに目を伏せた。

「嘆き、悲しみを抱く神。嘆きが憎しみに変わってしまったのは悲しいことです。……私は黒き神に直接祈れないので、他の神に」
「このように寂れた祠にも神が?」

 人気のない林の中にある、小さな寂れた祠。
 辺りを見渡すムドガラに朔夜はふわりとした笑みを浮かべ、祠を見やる。

「神はもともと人々が希ったから神となったのです。いつしか人々は神の名を呼ぶのをやめてしまった。けれど、人の子を気にかけて下さる神はこうして祠で長い時を待ってくださる。……私だけの祈りでは黒き神には届きませんが、それでも人々を気にかけている神は応えてくださいます。……ですが、難しいだろうと、だけ」
「そうですか……。春ノ姫は、皇にお会いしたことはありますかな」
「スーリヤ様ですか?ご子息のナーサティア様とは何度かお話をしたことはありますが…」

 首を横に振る朔夜にムドガラは優しい色を宿した微笑を浮かべ、膝を折った。

「我が主に姫のお話をしても?」
「ならば、将軍にもお話していただかなくては」
「どのような……?」

 強張るムドガラとは対照的に、朔夜は楽しそうに彼の腕を取って歩き出す。

「常世には豊蘆原にはない植物があると炎雷様にお聞きしました。将軍がご存じのお花を教えていただきたいわ」




**

ムドガラとは普通に会話していた朔夜を書きたかったのですが、なんとも消化不良。

拍手[0回]

遙か4 016 :漆黒

デフォルト名:朔夜




 星空を見上げる度に、あの日を思い出す。流れる星を見ては目を細めて微笑んだ君の横顔。





 その日、忍人は緊張に身を強張らせていた。
 葛城の一族の中から、中つ国の四道将軍、岩長姫の弟子入りを認められ、一人で橿原に来た。
 猛者揃い、年上ばかりと聞いていた為、故郷では突出しすぎて周囲との関係を拗らせないようにと強く念押しされたのもあるかもしれない。

 実際には、猛者というよりは曲者揃いであったが。


 その時のことを決して忘れはしない、と忍人は強く思う。



「風早、岩長姫はいらっしゃいますか?」

 からかいに肩を怒らせていた忍人の後ろから涼やかな声が聞こえた。
 鈴を転がしたような声と称するに値するのだとさえ感じた。
 何故そのような声を岩長姫の在所側で聞くのかと驚く忍人とは対照的に、風早は穏やかな笑みを浮かべて席を立った。同時に羽張彦や柊も笑みを浮かべて席を立った。

 かつかつと足音が響き、忍人を追い抜いた。
 忍人からは、漆黒の髪を結い上げた後ろ姿のみが見えた。装飾は控えめだが、無頓着な忍人でも分かるほど高価な装いであった。

「ああ、今日はお客様が多い日ですね。師匠は少し出掛けています」
「少しすれば帰ってきますよ、姫様」
「こちらにかけてお待ちください姫君」

 柊は芝居がかった動作で訪問者の手を取ると自らの席へと案内した。椅子に腰かける動作すら忍人は貴人に見えた。
 葛城の族(うから)にこのように些細な動作で気品に満ちた人は多くはいない。

 年のころは同じだろうか。

 長い漆黒の髪を涼やかに結い上げ、小さな顔には珍しい色の瞳があった。
 同世代の娘と顔を付き合わせることが少ない忍人は、彼女の正面から若干視線を外した。
 そんな忍人の様子など気にすることのない娘は、忍人を見て首を傾げた。

「ありがとう、柊。あら、そちらは? 新しいお弟子さん?」
「姫、彼は」

 風早の説明を遮ると彼女はふわりと微笑みを浮かべた。その微笑に、どきりと胸が高なった。

「分かったわ。葛城のご子息でしょう? 母上がおしゃっていたわ。とても優秀な方だと伺いました」
「おや、姫君。よくお分かりになりましたね。彼は葛城忍人。葛城の族の者です。詳細はご存じのようですし割愛させていただいても?」

 柊の簡単な説明で納得したのか、彼女は小さく頷いただけであった。
 どうやら風早や柊、羽張彦とは顔見知りのようであったその娘から視線を外せず、しかし直視できない忍人は彼女に目礼のみを返した。そして風早ののんびりとした説明に目を見開いた。

「忍人、こちらの姫君は春ノ姫様です。日嗣の宮である一ノ姫様の従姉妹で、次代の審神者の君候補でもある。多分君と年も変わらないと思うよ」
「っそのような姫君が何故っ?! ……葛城忍人です。春ノ姫様」

 慌てて膝をおると彼女は静かに椅子から降りると、忍人の肩をそっと触った。
 肩に触れる手の小ささに忍人は胸に熱い何かが灯ったのを感じた。

「よろしくね、忍人殿。宮には同じ年の子供は采女と下男しかいないから仲良くしてもらえると嬉しいわ。……頭をあげてもらえると嬉しいわ」
「ですが……」
「此処は岩長姫の在所。それに私的な訪問ですもの。私は、必要以外にへりくだられるのは嫌いです」
「春ノ姫はこうと決めたら曲げないからな。一ノ姫そっくりだ」

 困惑する忍人を他所に、羽張彦が呵呵と笑い声をあげるのにつられて顔をあげると、春ノ姫の顔が目の前にあり驚く。

 春ノ姫は忍人の驚いた顔を見て、ふわりと目を細めて微笑む。

 その笑みが、名の通り春のようで忍人は思わず見とれてしまった。
 そんな二人の間の空気を壊すように風早がのんびりと声をあげた。

「で、今日はどうされましたか?」
「岩長姫に狭井君からの言付けを預かってきているの」

 聞いているのかいないのか、風早は頷くといそいそと茶の準備を始め、柊は再び椅子を進め、羽張彦は茶器を並べ始めていた。
 彼女の用事の相手である岩長姫を呼びに行きもしない兄弟子達に忍人は目を吊り上げた。

「岩長姫に姫君がいらしていることを伝えなくてもいいのですか?」

 だが答えたのは、三人の兄弟子ではなく来客であるはずの彼女であった。

「あら、呼びに行かれたら私が困ってしまうわ」

 意味が理解できない忍人に分かるように風早がお茶を入れる片手間に付け足す。

「狭井君への言付けというのは、朔夜姫への外出許可と同じ意味なんですよ」
「息抜きってことだな。今日は一ノ姫は?」

 淹れられた茶器を受け取りながら春ノ姫は羽張彦の質問に即答した。

「ニノ姫と龍神様についての講釈をお聞きよ。私は、狭井君からお聞きしているから免除かしら」
「ああ。なら抜け出した訳ではないのですね」
「いやだわ、風早。抜け出すなら一ノ姫も二ノ姫も一緒よ?」
「そうだ、風早。理解が足りなかったな」

 目を白黒とさせる忍人に気づいた柊が口を開くが、説明になっていないことには変わりがなかった。

「姫君方は非常に仲がよろしいんですよ、忍人」



**


移り往く季節を君との昔話です。

よく抜け出していて、忍人とは幼馴染みのような。
忍人視点だとすごく美化されている不思議。



描写する100のお題(追憶の苑)

拍手[2回]

ブログ内検索

注意書き

【TOS・TOA・彩雲国物語・遙か・十二国記など】の名前変換小説の小ネタを載せております。
各小話のツッコミ大歓迎です!
気軽にコメントしてください。

カテゴリー

最新記事

設定

各タイトルの説明

【schiettamente】又は【軍人主】
 └TOAマルクト軍人主人公
 デフォルト名:ラシュディ・フォルツォーネ

【教団主】
 └TOAローレライ教団主人公
 デフォルト名:アディシェス・アスタロト

【アゲハ蝶】
 └TOA雪国幼馴染主人公
 デフォルト名:エミリア・ティルノーム

【ensemble】又は【旅主】
 └TOS旅仲間主人公
 デフォルト名:アトラス・ファンターシュ

【一万企画】又は【企画主】
 └TOSロイド姉主人公
 デフォルト名:セフィア・アービング

【傍系主】
 └TOA傍系王室主人公
 デフォルト名:ルニア・ディ・ジュライル

【十二国記】
 └雁州国王師右将軍
 デフォルト名:栴香寧

【遙かなる時空の中で3】
 └望美と幼馴染。not神子
 デフォルト名:天河華織

【明烏】
 └遙かなる時空の中で3・景時夢
 デフォルト名:篠崎曙

【彩雲国物語】
 └トリップ主
 デフォルト名:黄(瑠川)有紀

【コーセルテルの竜術士】
 └術資格を持つ元・旅人
 デフォルト名:セフィリア・エルバート
 愛称:セフィ

【まるマ・グウェン】
 └魔族
 デフォルト名:セレスティア・テリアーヌス
 愛称:セレス

【まるマ・ギュンター】
 └ハーフ、ヨザックの幼馴染
 デフォルト名:シャルロッテ・ティンダーリア
 愛称:シャール

【逆転裁判】
 └成歩堂・御剣・矢張の幼馴染で刑事
 デフォルト名:筒深稔莉(つつみ みのり)

アーカイブ

リンク

管理画面
新規投稿

お題配布サイト様


Natural Beautiful
└「何気なく100のお題」
A La Carte
└「ふしぎな言葉でいくつかのお題」
追憶の苑
└「詩的20のお題」
└「始まりの35のお題」
リライト
└「気になる言葉で七の小噺」
└「君と過ごす一年で十二題」
Ewig wiederkehren
└「恋に関する5のお題」
Dream of Butterfly
└「失われる10のお題」